Archives

気になる水回りの掃除は気になった時にやればヨシ!

掃除するのが嫌いな場所として多く挙げられるのが、水回りです。お風呂・トイレ・流し・洗面所がそうですね。汚れが付きやすい場所ですし、汚れが落ちにくい場所でもあるからです。でも一番キレイにしておきたい場所でもあるので、手を抜きつつキレイをキープする方法をお教えしましょう。ではまずお風呂。毎日身体を綺麗にし、リラックスするための場所ですから、気持ちよく入るためには清潔にしておきたいですね。それには使用前後に簡単にスポンジで拭き取ることです。浴槽や床、壁など、ちょっと軽く拭くだけで、汚れは溜まらなくなります。後はお湯を掛ければオッケー!特に洗剤を付けなくても良いですよ。

そして次はトイレです。これも入ったついでにトイレットペーパーで便座や床を拭くだけ。汚れが付いている部分だけ、洗剤を付けたり、使い捨てクリーナーを利用しましょう。あとはただトイレットパーパーで気付いた時に拭くだけで良いのです。さらに気になった時だけ、便器の中をスポンジで掃除しましょう。洗面所も同様です。汚れが気になった時に、その部分だけスポンジで擦れば良いのです。洗剤不要のスポンジを常に置いておくと便利ですよ。いつでもササっと汚れが落とせます。

そしてキッチンの水回りですね。これも食事を作る場所ですから、常にキレイにしておきたいです。それには週一くらいで、クレンザーをつけて流しを掃除しましょう。切って使うタイプの安い食器用スポンジを用意しておいて、小さく切ったものを使い捨てにすると気楽です。排水溝部分も、毎週ネットを取り替えて、捨てる前のスポンジでさっと掃除するだけで、そんなにひどい汚れにはならないんですよ。ほんの数分で出来る掃除ですから、これは曜日を決めて毎週やることで、結果、汚れが溜まって掃除が大変なんてことは無くなります。

水回りは汚れが溜まるから、掃除も嫌になってしまうんです。ですからこのように、気付いた時に簡単に拭くという習慣さえ身に付ければ、特に改めて掃除をする必要も無く、結局は手抜きが出来るというわけです。これだけで憂鬱な掃除が省けるのですから、是非実践して欲しいですね。

仕事後の夕飯作りでも野菜をたっぷりと摂れる?

働く女性にとって、仕事から帰ってご飯を作るのはとても大変です。疲れているのに、買い物をして帰り、すぐに台所で料理をするのは面倒ですよね。でも食事は生活の基本ですから、サボるわけにはいきません。しかし実は、料理ほど手抜きのしがいがある家事は他に無いんですよ。もちろん今は惣菜や冷凍食品もたくさんありますから、まずはそうしたおかずを利用するのも手です。でも肉・魚・卵・野菜など、生の素材をシンプルに調理するだけだって、簡単におかずになっちゃうんです。

そんなシンプル調理の代表が、電子レンジでチンでしょう。どんな素材も、お皿に乗せてラップを掛けてチンするだけで美味しく食べれるようになります。後はチンの前後に調味料で味付けするだけですから簡単ですね。特に今人気のシリコンスチーマーを使えば、そんな簡単料理もさらに美味しく仕上がります。家族には栄養価の高い食事をしてもらいたいものですが、これならいろんな野菜を放り込めるので、健康や美容にももってこいなんです。手を掛けて作った料理ももちろん良いですが、それは時間のある時に任せ、普段は素材の味重視の簡単で栄養が摂れる手抜き調理を心がけましょう。

特に電子レンジは調理時間が短くて済みますから、メインから副菜まで、順番に使用していっても、すぐに完成しますし、第一、鍋などの調理器具を洗う手間も要りません。そのまま食卓に出せば、野菜もたっぷりの夕飯がすぐに食べれちゃうんです。専用調味料を使えば、今はから揚げだって出来ちゃいますし、耐熱容器を使えば、焼き物だってオッケーです。作っていくうちに、結構レパートリーも広がりますよ。帰宅後の慌しい時間を有効に使って、短時間でも、野菜たっぷりのバランスの取れた食事を作っちゃいましょう。

干す時間もったいない?だったらその時間をお金に換算してみよう

忙しい朝に洗濯をするのはとても大変!ですから今は夜洗濯する家庭も増えていますよね。夜なら、他の家事をしている最中に洗濯機を回せますから、時間の効率的には最適です。しかし困るのが干すこと。確かに雨が降っていなければ、外に干しておけば良いのですが、夜間に外に干すのは、夜露にぬれて乾きが悪いものです。だからといって、部屋干しは家の中がジメジメしますし、臭いも気になるところですよね。浴室乾燥が付いていても、渇きが悪かったり、なかなか干せなかったりしますし・・。

そこでおすすめなのは、やはりなんといっても衣類乾燥機でしょう。洗濯で大変なのは、まず干すことですから、その手間も省けますよね。すぐにたたんでしまえることで、毎日の洗濯の手間は大幅に軽減されます。まさに手抜き家事の代表選手といっても良いでしょう。確かに購入するには結構なお金が必要ですが、毎日の洗濯干しの時間を考えれば、決して高いものではないと思います。「時は金なり」ですから、日々洗濯に掛ける時間をお金に換算してみれば納得がいくのではありませんか?

しかし、どうしても干した方が良いという方もいらっしゃるでしょう。その場合は、除湿機をおすすめします。あまり使わない部屋に干して除湿機に当てておけば、だいたい1日で乾くので、外に干し直さなくても、洗濯物が溜まることはありません。もちろん夜間だけ部屋干ししておくにも最適ですね。しかも比較的安価で買えるのも魅力です。角ハンガーや物干し竿用ハンガーで干しておけば、朝外に出すのも楽チンです。梅雨時にも活躍してくれますよ。

このように多少お金を掛けてでも手を抜くことで、毎日の洗濯はグンと楽になります。何より時間が短縮されることで、自分の時間を持てることは大きなメリットになるでしょう。

現代人の必須アイテムを使えば?掃除なんて機械任せでオッケー

面倒臭がりな人、片付けられない人、捨てられない人にとって、掃除ほど苦痛な家事はありませんね。放っておけば、部屋というのはどんどん物が溢れて、余計に掃除をする気力が無くなります。ですから、掃除を手抜きにするコツは、まず物を床に置かない事です。一番良いのは、出したものはすぐに元の場所に戻すことですが、わかっていてもそれが出来ない場合もあるでしょう。そんな時は百歩譲って、一時的に物を床の物をかき集めて放り込んでおくカゴなどを用意しておきましょう。もちろん一時的な対策ですから、カゴがいっぱいになったら、何が何でもそれぞれの場所に収めてくださいね。

これさえ出来れば掃除なんて全然余裕です。床用掃除用の使い捨て取り替えワイパーなどを使えば、あっという間に部屋はキレイになります。さらに余裕があれば、ハンディタイプを使って埃の溜まったテレビ周りなどもササっと拭けば完璧です。掃除するというほどの労力ではありませんね。それに重い腰を上げることなく、まめに出来るので、キレイな部屋をキープ出来ると言う相乗効果もあるんです。

そして床の物さえ片付けてしまえば、大活躍なのがロボット掃除機です。今や結婚祝いの人気ランキング上位に入るほど、現代人には必須アイテムになりつつありますね。値段はピンキリですが、これを活用すれば、掃除嫌いの人にとって、値段以上の価値があると思いますよ。現代にはせっかく楽なグッズがあるのですから、フル活用して、どんどん手抜きしてしまいましょう。

掃除を手抜きするというのは、実は結構頭を使わないと無理なんです。しかしここに書いてあるように、まずは床の上、テーブルの上の「物をしまうこと」、「ゴミは捨てること」、「一時的に集めておくこと」さえ実践出来れば、あとは機械に任せておけば良いだけ!面倒臭がりな貴方こそ、まずはこの方法を試してみてください。細かな掃除なんてしようと思わず、目に見える汚れだけ機械や便利グッズで除去すれば、いわば掃除要らずな生活が出来ますよ。

面倒なアイロンがけは工夫で半減!手抜き主婦の知恵はコレだ

料理・洗濯・掃除と三大家事の他にも、意外に面倒な家事は多いものです。そういう細かい家事こそ、どんどん手抜きしてしまいましょう。例えば、そんな家事のひとつにアイロンがけがあります。これは裁縫とかと同じで、結構技術やコツがいる作業ですから、苦手な人は苦手ですし、いくら得意な人だって、毎日やるのは負担が大きくて大変ですよね。ではそんなアイロンがけの負担を減らすにはどうしたら良いでしょうか。

まずはアイロンがけが必要な衣類は出来るだけ買わないことです。もちろん全くそうすることは無理ですが、同じような素材やデザインで迷った場合、アイロンがけが必要かどうかも選択の要素に入れてみましょう。今は形状記憶素材なども多いですから、これは結構可能ですよ。

そして次に、出来るだけアイロンをかける衣類を減らすこと。これは、洗ったらすぐにしわをキレイに伸ばして干すだけです。はなからアイロンがけが必要だと思わず、まずはしっかりしわを伸ばして干してみてください。そうすると本当にアイロンが必要な衣類って意外に少ないものなんです。まさに手抜きのためのひと手間といったところでしょうか。

そして次に、どうしてもアイロンが必要な場合、ハンディスチームアイロンを使用することです。洗濯物をハンガーに干して乾いたら、そのままアイロンをかけるだけ。とってもかけやすくて楽ちんです。アイロンがけが苦手な人もキレイに仕上げることが出来ます。もちろん購入するのにお金は掛かりますが、アイロンがけにかかる時間と手間を考えてみてください。「時は金なり」です。忙しい女性にとって、時間はとても貴重なものですね。アイロンを購入する価値は十分にあると思いますよ。

このように、少しの考慮とひと手間、そしてお金を使うことによって、面倒なアイロンがけはかなり手抜き出来ます。しかも手抜きといっても、しわのあるまま着るといったことにはなりませんから、手を抜いたなんて誰もわかりません。ただでさえ他にも毎日やることはありますから、省ける手間はどんどん省いて、手抜き家事で自分の時間を大切にしましょう。

大掃除なんて必要ない!大邸宅でなければ小掃除で十分!

面倒な家事ナンバーワンの掃除は、大幅に手抜きが出来る家事としてもナンバーワンでしょう。そもそも家の中で行動する範囲など決まっています。キッチン・リビング・子供部屋、あとは玄関や廊下、そしてお風呂とトイレですね。こうして並べると「あちこちやらなきゃ」といった気持ちになるかもしれませんが、全くそんな気持ちになる必要はありません。まして「大掃除しなくちゃ」なんて問題外です。

では、かなり手を抜いてもキレイを保てる方法をお教えしましょう。まず曜日ごとにキッチン、リビング、お風呂、トイレ・・・と、チェックする所を決めてみましょう。その日はそこ以外はノータッチにするのです。キッチン曜日であれば、床やテーブル、レンジ台、流し台など、全てじゃなくても、汚れが目立つところだけキレイにしてみましょう。そうすると、次のキッチン曜日には、他に汚れが目立つところが出てくるはずです。そうして毎週少しずつキレイにするだけで、キッチン全体がキレイに保てるのです。

これは他の部分ももちろん同じです。お風呂曜日、トイレ曜日、リビング曜日と決め、その場所限定で、汚れが目に付いたところだけをキレイにするだけで良いのです。よほど大邸宅でもない限り、そんなに広い範囲ではありませんから、仕事をしている方でも決して無理なく実践出来ると思います。あくまでも負担にならない程度に、少しずつやるのがポイントです。なんだったら、一部屋の床だけとか、コンロをさっと水拭きするとか、浴槽だけとか、そんな感じで十分なのです。

そんな日々の小掃除を心掛けているだけで、汚れに対する意識も変わってきますし、第一汚れがたまることがありませんから、まず大掃除の必要性は無くなるでしょう。一部屋一部屋が広大な家なんてそうそうありません。狭い範囲で目に付くところだけをキレイにして、手を抜いてもバレない掃除術を身に付けましょう。

わざわざ分ける?そんな繊細な服は除いて一度に洗濯を

毎日の家事で欠かせないのが洗濯ですね。特に家族が多い家庭では、一日に何回も洗濯機を回すという話もよく聞きます。しかし、一般的な4人家族程度であれば、毎朝、もしくは毎晩1度洗濯機を回すだけで十分だと思いますよ。ではまず、何故一度に済まないかといえば、色柄物を別にするとか、おしゃれ着を別にするとか、衣類の種類で洗濯機を2度回していませんか?これは非常に無駄なので、出来るだけ避けましょう。

そもそも、色柄物と分ける必要性はあまりありません。よっぽど色落ちのひどい物とか、漂白剤を大量に使いたい時ならともかく、普通に洗濯する分にはほとんど問題はありませんよ。試しにやってみてください。あと、おしゃれ着なども同様です。手洗い、もしくはドライ表示のもの以外だったら、洗濯ネットに入れて他のものと一緒に洗っても、痛むことはまずありません。心配であればネットを2重にするとか、脱水だけ別にするとかで十分でしょう。

とはいえ、やはり大切なものは他のものと一緒に洗いたくないという場合は、そうした繊細な衣類をまとめておきましょう。そしてある程度たまった時点で一度に洗濯すれば良いのです。何も毎日洗濯物を分けてまで、何度も洗濯機を回す必要は決してありません。とにかく許容量を超えない範囲で一度に洗濯器を回すということを基本にしてください。これは手抜きというより、大きな節約にもなると思ってくださいね。

それでも家族の多い家庭では、一度に済まない場合もあるでしょう。しかし、出来るだけ大容量の洗濯機に買い換えてでも、日々の手間を最小限に出来るよう、大雑把な手抜き洗濯をおすすめします。

ためると面倒な汚れはためなければオッケー!

あなたが家事の中で一番面倒なのは何ですか?実は掃除と答える方はとても多いんです。毎日の生活をするうえで、どうしても家は汚れます。つまり、どんなに頑張って掃除をしたところで、またすぐ汚れてしまうわけです。だったら神経質にならず、汚れたらすぐキレイにすれば良いのです。そうすれば週末に半日もかけて掃除するなんていう、手間と時間の無駄は無くなりますよ。

掃除は汚れがたまるから面倒になるわけです。だから、ためなければ掃除自体必要無いんです。では具体的にどうするかといえば、まず部屋にゴミが落ちていたらすぐ拾う。またはコロコロをする。こんなことはテレビを見ながらだって出来ますよね。あとは、キッチンにガスレンジを使ったら、その都度布巾でさっと拭く。毎回さっと拭くだけで、汚れがこびりつくなんてことは無いのですから。洗面所やお風呂、トイレなどの水回りも同様です。使用したついでに、スポンジやトイレットペーパーで拭くだけで汚れはたまらないのです。

それには、部屋のすぐ手に届くところにハンドクリーナーやコロコロなどのお掃除グッズを置いておいたり、水回りには小さな掃除用スポンジや使い捨てクリーナーなどを置いておきましょう。とにかく、「そろそろキレイにしなきゃ」という事態にならないよう、使ったついで、汚したついでに汚れを落とすのです。こうしてその都度、汚れを拭き取っていれば、特に掃除をするぞと意気込まなくたって大丈夫。面倒な掃除はしなくたって、家はある程度キレイを保ててるはずです。掃除が面倒で手抜きしたいのだったら、まずはちょこっと拭きを実践してみてください。これで大幅に掃除の手間は省け、結果的にかなり手抜き出来ることになるでしょう。

衣替え?そんな面倒とは永遠におさらばを!

家事の中には、毎日やらねばならないものの他に、年1回とか、季節ごとにやらねばならないことも出てきます。その代表が衣替えではないでしょうか。通常、春と秋に年に2回、面倒な作業が待っていますよね。やっと衣替えをしたと思ったら、寒かったり暑かったりして、しまった服をまた引っ張り出すなんて経験もお持ちだと思います。そんな面倒な作業は、いっそ失くしてしまうことを提案します。

「だって冬と夏じゃ着るものが違うじゃない」と言われそうですが、どちらにしろ、冬物も夏物も家の中にしまってあるのなら、そのままにしておけば良いのです。季節ごとに分けるというより、よく着るものとあまり着ないもので分けてみましょう。あまり着ないものは、季節外の服がしまってあるところにしまえば良いのです。しかしここでポイントなのは、あくまでも引き出し式など、すぐに出せる工夫をすることなのです。

例えば季節外のものをしまうのに、クローゼットや押入れを利用している人は多いですが、衣装ケースにしまうのではなく、奥行きのある引き出しケースや、押入れ用のタンスにしまえば良いのです。そうすればクローゼットや押入れの中にあっても、すぐに取り出せますよね。その他のよく着るものは、全て季節ごとに引き出しを分けて、通常通りタンスにしまえば良いのです。

そうすれば、特に1年じゅう何もする必要はありません。今ある洋服の量は変わらないわけですから、収納に問題はないはずです。あくまでもしまう場所と、すぐに取り出せる工夫をするだけでオッケーなんです。確かに収納ケースを変えるのには手間とお金が多少かかりますが、季節ごとに洋服を入れ替える手間を考えれば、一度の入れ替えで済むのですから楽ですよね。しかもやってみるとわかりますが、季節外の服もすぐに取り出せるって、意外に便利なんですよ。

バーゲンやフリマなどで季節外れの服を買った時や、温度変化が激しい時だって、普通に出し入れが出来ます。しかも自分のよく着るものがわかるようになり、衣類の整理もしやすくなるんです。年に2回の憂鬱な衣替えからは永遠におさらばして、快適に洋服を管理することを是非ともおすすめします。

毎日の料理は出来るだけ負担を掛けずに楽して作ろう!

毎日の食事は健康の要。まして家族が居れば、栄養バランスの取れた食事を作ってあげたいのは当たり前ですね。しかし、仕事から疲れて帰って来て、台所に立つだけでも億劫な時だってあるでしょう。そんな時は決して無理はしないことです。確かに手の込んだ食事は美味しいかもしれませんが、手抜きの食事に勝るとは限らないのです。

例えば、色々な野菜を切ってレンジでチンと温野菜にするだけでも、市販のドレッシングやソースを掛けることで立派な一品になります。特に今流行りのシリコンスチーマーを使えば、さらに美味しいおかずになるでしょう。これは野菜だけではありません。お肉やお魚だって、同じようにレンジで蒸して、軽くフライパンで焼くだけで、美味しいメインディッシュになるんです。

味付けだって塩コショウに勝るものはないですし、野菜を切るのが面倒なら冷凍野菜やカット野菜を使えば良いでしょう。お肉だってお魚だって、カットしたものや切り身を使えばさらに簡単です。ちゃんと作ろうとして負担になるより、手抜き料理で美味しく楽しく食べた方が全然良いと思いませんか?手を抜いたことで品数が多く摂れたり、逆に素材の味を活かせたりするものなんですよ。

家で食べるのは朝ごはんと晩ごはんですが、晩ごはんはこうして手軽に作り、朝はみそ汁だけ作ればオッケー。あとは納豆やしらす、玉子、のり、漬物などを組み合わせれば、日々の食事は栄養バランス満点で、美味しいものになること間違いありません。忙しい女性だからこそ、毎日の食事はしっかり取りたいもの。手抜き料理ならではの栄養価の高さと美味しさを味わってみてください。